12月11日(水) 神戸凌霜午餐会第1538回例会 2019年12月11日

神戸凌霜午餐会第1538回例会

日時:令和元年12月11日(水)12時~14時

会場:湊川神社「楠公会館」2F  青雲の間  

講師:神戸大学社会システムイノベーションセンター

   特命教授  大塚 啓二郎 氏       

演題:「産業開発戦略:アフリカと日本で何が違うのか?」

会費:2500円

講師は1971年北海道大学農学部農業経済学科を卒業。1974年東京都立大学修士課程を修了し、1979年シカゴ大学経済学博士号を取得。1991年東京都立大学経済学部教授、2010年政策研究大学院大学教授を経て、2016年神戸大学社会システムイノベーションセンター特命教授となり、現在に至る。

アメリカ農業経済学賞、日本農業経済学会誌賞を受賞し、2010年4月には紫綬褒章を受章。2018年12月には日本学士院会員(人文科学部門・経済学商学、定員16名)に選定されました。専門は開発経済学。

著書には「消えゆく森の再生学」(1999年)「なぜ貧しい国はなくならないのか?」(2014年)他多数。

<講演概要>

日本でもアフリカでも、製造業を発展させて雇用を生み出したいという願望は強い。しかし、どうやったら産業を発展させることが出来るかは、分かっていない。そもそも研究している研究者もほとんどいない。

今回の講演ではアジアとアフリカの20数か所の産業集積で実証研究を行ったことをベースに、産業の開発戦略について考える。最後にアフリカで産業を立ち上げるのも、地方創生を実現するのも、基本的に同じことではないかという持論を展開していただく。

 聴講申し込み・お問い合わせ先:一般社団法人 凌霜会 電話078(805)3833・3834へ